Job

真面目な人が損する職場にしない!仕事で使われる人間にならない方法

真面目な人,損をする,職場

この記事を読まれているあなたは、
きっと、真面目なタイプの方なのではないでしょうか。

おそらく、日頃から当たり前のように
仕事もきっちりこなし、

辛くても休んで穴を空けないように、
迷惑がかからないように、

周りを配慮しながら、

やるべきことをちゃんとやる

そんな人なのではないでしょうか。

また、仕事でもプライベートでも、
約束は絶対に守るということは
いつも意識していますよね。

そんなあなたは、きっと周りの人からも、
真面目なイメージを持たれていることでしょう。

私もどちらかというと、そういうタイプの人間なのですが、
だからこそ、

なーんか、自分って損しているなぁ

と思うことが多々ありました。

真面目だからこその悩みもあるんですよね。

今回は、そんな過去の経験から、
真面目でも損をしない3つの心得をお伝えしたいと思います!

これを意識するだけで、あなたの心はきっと楽になると思います。

ぜひ考え方を変えて、心と体をしがらみから解放していきましょう!

職場では真面目な人は損をする?

真面目な人,損をする,職場

職場での仕事量って、
目に見えて計れるものではありません。

人によってスキルも経験も違うので、
仕事を平等に振り分けるということは
かなり難しいことだと思います。

きちんとやるべき仕事として回ってくるのは
もちろん引き受けるべきですが、

例えば、明らかにこれは自分の仕事ではない
判断できる場合もあります。

たとえば、

パソコンスキルがないために
できる人にその仕事が回ってきたり、

また、
人前で話すことが苦手な人が
発表する役を出来る人に頼んだり。

あなたも同僚や先輩からなぜか毎回のように
「これ、やってくれない?」と
回ってくる仕事があったりしませんか?

仕事をそつなくこなせて、
真面目な性格の人ほど、
仕事を押し付けられやすいのは確か。

つまり、周りの人から見たら
そういう人ってかなり「使いやすい人
なんですよね。

今は全く違いますが、以前の私も
少なからずこういう傾向があったように思います。

職場で使われる人ならない方法|たった3つの心得

真面目な人,損をする,職場

あなたは、頼まれたらNO!と言えないタイプですか?

もしそうであれば、頼りにされているんだから、
引き受けなければならないものだと
思い込んでいるかもしれません。

きっと、真面目な人には断れない人が多いと思います。

出来ることを頼まれるわけですから、
仕事的にはそれほど負担ではないかもしれませんが、

だとしても、確実に時間は取られてしまうんですよね。

1日1日はそんなに目立たないかもしれませんが、
月にするとかなりの時間を使って
人の仕事を請け負っているということに気づいているでしょう?

頼んだ人は早々に自分の仕事を終え、
デスクでボーッとしていたり、
早めにランチタイムに行ったりして

えー、それちょっとないよね。
本当なら自分だってもっと時間あったのに!

と心の中で思ったりもしますよね。

でも、周りを見渡すと、
きっちり自分の仕事分を片付けて
サッと帰る要領の良い同僚もいて。

そんな同僚とあなたとの違いって分かりますか?

もちろん、やみくもに断っていては、
ちょっと感じも悪いし、やる気のない人と思われるだけですけど。

それはそれで、ちょっとしゃくじゃないですか(笑)

そうならないためにも
以下の点をポイントに分けて仕事を引き受けるべきかを判断してみましょう。

あなたも意識を変えることで、
「使われる人」のから脱却することは可能です。

1.【引き受ける時の心得】スキルアップになる仕事かどうか

仕事を頼まれそうという空気は、
なんとなくもう分かるはず。

その上で、どんな仕事が巡ってくるかを
チェックしつつ、引き受けても良い仕事かを判断します。

どう判断するかというと、

まずは、やったことがない仕事
あなたにとって努力しないとできないような仕事かどうか。

これらの仕事を引き受けるということは、
経験が増えるということ。

スキルアップの機会をもらったと思えば
引き受けても損にはなりません。

頼まれた仕事を「」と捉えるか、
自分の価値を高める「チャンス」だと捉えるかで、

仕事に対しての意識もだいぶ変わってきます。

何度も同じ仕事を頼まれる場合は、
あなたの仕事として給与の交渉するのもアリかもしれません。

2.【断る時の心得】相手にとっては機会損失

ちょっと考えてみてください。

あなたがここで頼まれた仕事を引き受けたら、
頼んだ人は「覚える機会」を失うんじゃないかって。

そもそも、その仕事は頼んできた人の仕事。
出来るということを前提で割り振られた仕事のはず。

それなのに、出来ないということは、
ポジションも適正ではないかもしれません。

もし、あなたがその頼まれた仕事をやっているから
そのポジションが保たれているのなら、
なんだかおかしな話ですよね。

また、出来ないことを克服するためには、
ある程度の努力が必要ですから、

あなたが引き受けることで、
頼んだ人はいつまで経っても出来るようにはなりません。
(もしかしたら他の人に頼むかもしれませんが)

断ることは、ちょっと気が引けるなと思った時、

その人のためである

という気持ちを意識すると、
そんなに罪悪感は少しなくなるかもしれません。

そもそも、操作方法など基本的なスキルがないために
仕事が回ってくるようだったら、

覚えてもらうという意味でも

一度、「一緒にやりましょう」と
低姿勢で提案してみるのも良いかもしれませんね。

3.【基本スタンス】毅然とした態度で

真面目な人が損する,職場

これが実は仕事を断る際に一番大切なことなのですが、
あなた自身の考え方です。

人の仕事を

  • 引き受けることが当たり前
  • 引き受けないのが当たり前

どちらのスタンスでいるかで、
断るときの態度にも出てしまいます。

引き受けることが当たり前だと思っていれば、
断る時に、罪悪感が生まれますよね。

そうすると、どうしても態度がオドオドしたり、
やたらと低姿勢になり、相手にも
本当はやってもらうべきなのに断られた
という印象を持たれてしまうこともあるでしょう。

そうすると、無限ループのように
いつまでも仕事を頼まれる可能性は高いです。

なので、ここはぜひ

引き受けないことが当たり前

という意識をあなた自身が持ってください。

このスタンスがベースにあれば、
断るときの態度も毅然としたものになると思います。

当たり前のように断られたら、きっと相手も、
そうだよね。あなたの仕事じゃないよね
と納得するはず。

逆に言えば、これまで仕事を頼まれてしまっていたのは、
あなた自身の態度のせいでもある(私もそうでしたが)のです。

職場を変えるのもあり!真面目は評価されるべき

真面目な人が損する,職場

仕事を頼まれるということは、
頼りにされているという見方もありますが、

頼む人にとっては、

あなたになら確実にやってもらえる

という期待と甘えの気持ちもあることは確か。

もしかすると、立場上
「やってもらって当然」
とも思っているかもしれません。

自分の判断で、その仕事を引き受けるかどうかを選択できれば
損をしている」とは思わないようになります。

ただ、いつまでも小間使いのように
仕事を押し付けられる立場でいるのも残念ですよね。

頑張っても断れない人間関係の場合もありますし、
人に頼むのが当たり前とされているような職場も
ちょっと考えものです。

本当は、
早くそんな状態から離脱するのが望ましのかもしれませんね!

真面目な人がもっと評価されるべき環境にいたほうが
きっと働きやすいでしょう。

もし、働く年数ではなく、
雇用形態での立場の違い(正規と非正規)で
この状態を変えられないのであれば、

働く環境を変えてみるのも手かもしれません。

ただし、あなたがこれまでと同じスタンスで仕事を何でも受けていたら
どの職場に行っても状況は結局同じことになってしまいます。

まとめ

最初はなかなか断ることも難しいですが、

「この人は頼んでも全部OKではない」
ということが分かれば、

おのずと状況も変わってくると思います。

ただ、仕事を回すのも上司の仕事という部分もあるので、
断っても良いかどうかの判断は状況によって違うのかもしれません。

あと、自分に自信を持つということもとても大事です。
私が変われたきっかけは、まさにこれ。

どんなことでもいいから、
何か打ち込めることがあればきっと人は変われます。

ただ使われる人間から卒業して、
密かに着実にステップアップしていきましょう!

あわせて読みたい
キャパ,狭い,上司,心,余裕がない人,接し方,コツ
キャパが狭い人が上司だったら?心に余裕がない人との接し方のコツ職場の人間関係って、仕事のやりやすさに直結しますよね。 ただ、どうしても自分にとって性格やタイプが合う人ばかりではないのが現実です...
あわせて読みたい
30代で仕事を辞めたい気持ちになる理由は?女性に最適な副業は在宅でMITOMOです! 私は本業のかたわら、自宅でブログ収益化の副業で、現在は本業より多くの収入を得ています。 在宅で出来るのでとて...