Mind-set

自由になりたい心理とは?依存とこだわりを減らしたら見えてきたもの

自由になりたい,心理,依存,執着

あなたは今、「自由」ですか?

また、「自由」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

私はずっと「自由になりたい」という気持ちが大きく、
形のない「自由」を求めて、これまで走ってきました。

そして、分かったこと。
それは、自由というものには正解など無いということでした。

ただ、依存と執着を減らしたことで見えたことがあったんです。
その結果、私の気持ちはぐっと楽になりました。

今回は、自由になりたいあなたに
ぜひ聞いておいてほしいことをお伝えしようと思います。

少しでも、人生に「自由」を感じられますように!

そもそも自由って何?自由になりたい心理って?

自由になりたい,心理,依存,執着

そもそもの話。
「自由」って一体何なんでしょうか。

実体がないものなので、
人それぞれにイメージする自由は違うと思います。

旅行を連想する人もいれば、
のんびり読書するイメージかもしれません。

ただ、人が自由を求めるには原因があって、
それって何かしらの不自由を感じている時に多いかなと。

  • 時間的な自由
  • 環境の自由
  • 人間関係の自由
  • 経済的な自由
  • 健康の自由

など、これらの自由が満たされていないことによって
そこから抜け出したい!という想いが生まれるのではないでしょうか。

では、具体的に人が自由になりたいと思うときはどんな時でしょう。

窮屈な職場から抜け出したい!
満員電車から早く降りたい!
家事育児から解放されて楽になりたい!
面倒な人間関係をやめたい!
世界中を旅したい!
早く病気を治して退院したい!

要するに、自分が縛られていることがあって
その束縛を強く感じている時、

人は「自由になりたい」心理が働くのではないか、と
私は思っています。

あなたがまだ自由を得られない理由!

自由になりたい,心理,依存,執着

人間って、長く生きていればいるほど、
いろいろなものに執着したりこだわりを持つようになりますよね。

こうでなければならない

こうあるべきだ

という固定観念は、知らず知らずのうちに身についてしまっています。

例えば、小さいことだとスーパーやドラッグストアで買う品もそうですし、
ファッションのテイストや、ライフスタイルに直結する仕事や趣味に関してもそう。

もちろん、こだわることは自分という人間を持つ上で
とても大切ですし、人生を彩るためにはある程度は必要ですよね。

しかし、考え方に柔軟さがなくなってくると、
物や人、事柄に対して依存度が強くなる傾向にあります。

私もかつてそうでしたが、
自分に自信がない(自己肯定感)が低い人にも多いかもしれません。
不安があるから、冒険できない…というジレンマが生まれるんですよね。

特に、仕事や人間関係については
どうしても依存的な要素が大きいと個人的には思います。

そういう依存と執着、そしてこだわりは、
いまだにあなたが自由を得られない原因なのではないでしょうか。
(病気での不自由はまた別ですが)

自由とは選択できること!依存とこだわりを減らす

自由になりたい,心理,依存,執着

自由になりたいという気持ちは、
不自由な自分を解放したいという欲求から生まれます。

つまり、不自由=固定

こだわりや依存は、固定的な自分を作り出す元になるものです。

自由になりたい、自由を感じたいという思いが強いのであれば、
少し意識して、あなたの持つこだわりや依存を減らしてみてください。

最初はちょっとしたことから初めてみましょう。

例えば、

  • 行きつけのお店で、いつもと違うメニューを注文してみる
  • 値段で選んでいた物ではなく、素敵なパッケージの品を選んでみる

また、仕事や人間関係についても、少し視野を広げて

  • 収入を得る方法は雇われることだけではない
  • 気の合わない人との付き合いはしなくていい

というのを意識してみてください。

きっと、自分が選択できる自由というのも
感じることができるのではないでしょうか。

こうでなければならない!という考えから
自分を解き放つこと、すなわち自分を解放してあげると
びっくりするほど自分が楽になると思いますよ。

MITOMO
MITOMO
私は、職場に依存するのをやめ、雇われずに収入を得る方法を実行しました! あと、「年賀状じまい」もw

こだわりと依存を減らして、
まずは心の自由を得てみると、
意外と行動の自由も早く訪れるかも知れませんよ!