Job

名もなき家事の30項目|家事負担が多い妻にぴったりの働き方とは?

名もなき家事,30項目,家事負担,多い,女性,働き方

こんにちは!MITOMOです。

先日、見えない家事についての記事を書いたところ、反響があったので続編を書いてみました。

あわせて読みたい
厚生労働省,見えない家事,名もなき家事,30項目,リスト
厚生労働省の発表で見えない家事が見えた|分担を解決する働き方とは?こんにちは、MITOMOです! 女性の皆さん、毎日の家事お疲れさまです。 中には家事をメインでされている男性の方もいらっしゃると...

永遠のテーマである、夫婦の家事分担とワンオペ育児。
でも、問題が表面化してきたのは、女性が外で働くようになってからです。

見えない家事は名もなき家事とも言われていますが、このすべての家事をこなすためには、時間がかかります。

名もなき家事の30項目って?リストのうち妻負担は何割?

名もなき家事,30項目,家事負担,多い,女性,働き方

料理や洗濯、掃除という名前がついている家事以外にも、もっと細かい家事があるということを意識したことはありますか?

名もなき家事の詳しい内容がリスト化されたものがあります。
これは、大和ハウスが2017年に調査し発表したものです。

  1. たまったゴミを捨てる
  2. アイロンがけをする
  3. 食事の献立を考える
  4. ベッドや布団を整える
  5. 飲みっぱなしのグラスを片付ける
  6. 調味料を補充・交換する
  7. ゴミを分類する
  8. 食べ残しの食品を冷蔵庫にしまう
  9. 食事の前に食卓を拭く
  10. トイレットペーパーがなくなったときに、買いに行く
  11. 手洗い場のタオルを取り換える
  12. 新聞・雑誌などをまとめて捨てる
  13. 脱ぎっぱなしの服をクローゼットやタンスにしまう
  14. クリーニングに出す、取りに行く
  15. 玄関の靴をそろえる
  16. 靴を磨く
  17. 町内やマンションの会合に出席する
  18. 郵便物をチェックする
  19. 子どもの食事を手伝う
  20. 子どもの送迎
  21. 子どもの学校準備、勉強を見る
  22. ペット、植物の世話
  23. 使い切ったティッシュの交換
  24. 古くなった照明の交換
  25. ポストに入っていた不要なチラシの処分
  26. 朝カーテンを開け、夜カーテンを閉める
  27. 子どもとの会話
  28. 家電製品の選定・購入・設置
  29. 朝刊、夕刊を取りに行く
  30. 使った道具を元に戻す

かなり多いですよね。

しかしなんと、このうち女性が担っている割合は全体の9割だそうです。
つまり、ほとんどの家事を女性が負担しているという結果ということですね。

でも、厚生労働省の平成30年「厚生労働白書」等によると、専業主婦の世帯は約33%しかいないという結果も出ていて、今や3人に2人は共働きなんです。

働いている女性にとっては仕事以外の時間は、ほぼ家事や育児に充てることでやっと成り立っていると私は思います。

この結果をみても、まだまだ家事や育児は「女性がするもの」という認識が日本では当たり前のようです。

妻の家事負担の多さは昭和の高度成長期のまま

そもそも、なぜ「家事は女性がするもの」という認識の男性が多いのか。

それは、おそらく皆さん想像がつくと思いますが、時代背景が大きいですよね。

高度成長期にできたサラリーマンという働き方

名もなき家事,30項目,家事負担,多い,女性,働き方

昭和の女性って、専業主婦が多かったですよね。

専業主婦とは、家事(炊事、洗濯、掃除、買物、家計管理)や育児に専業する女性のライフコース

その中でも私の親の世代(団塊の世代)は、特に専業主婦が多かったんです。
私の母も夫の母も専業主婦でした。

日本では今や一般的な働き方である「サラリーマン」は、戦後1950年代半ば(昭和から25年以降)の高度経済成長期に、都市部への人口が流れてきたとともに激増しました。

それまでの時代は、家業(農業や自営業)で家族ぐるみで働き、女性の労働力率も高く、子供も大事な労働力として、仕事に駆り出されていたりもしました。

それに対し、核家族で団地に住む「サラリーマン」という働き方は、男性が正社員で一家の大黒柱となり、専業主婦が支えることを前提としてきた仕組みでした。

その仕組みとは、つまり企業側からすると

定年まできっちり良い給料で雇うから、戦力となって毎日長時間働いてね

その代わり、妻や子供には手当を出すよ

というものですね。

でも、バブルが弾けて以降、もはやどの企業も終身雇用自体が怪しいですし、お給料も下がり続けています。

ただ、労働時間だけは根強く変わっていないということが言えます。

昭和は女性が家事育児をする時代の始まり

さらに、日本には「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、子供は3歳まで家庭でみるというのが美徳とされている考え方があります。

現に、私も第一子を妊娠した時に、当時働いていた職場(現職場)で産休・育休を申し入れましたが、雇用主に上記の理由で契約更新をされなかったということもありました。(非正規雇用では当時前例がなかった)

これは、昭和の時代の考えが、平成になっても根強く残っていることを実感する出来事でした。

名もなき家事,30項目,家事負担,多い,女性,働き方

それから10年たった今は、この職場でも非正規で産休育休は取れるようになったので、時代は少しずつ進歩していっているとは思います。

昔も今も、女性が家事や育児のほとんどを担っているのは同じ。

表面化していなかっただけで、きっと専業主婦だってワンオペで大変だったと思います。

団塊ジュニアが親になったら

ちなみに、女性の就労率がかつてないほど低くなったのは、1975年ごろがピークと言われていますが、この頃産まれたのが団塊ジュニア世代とも言われています。

団塊ジュニアは今の40代くらいですが、
私も夫も団塊ジュニアです。

そんな時代の両親に育てられた男性は、家事を当たり前のように担う母親を見て育っているので、「家事は女性の仕事」と認識するようになってしまったのではないでしょうか。

しかしそれは男性だけではなく、女性も同じ。

不公平だと思いつつも、やはり「女性である自分がやらなければ」という考えが、育ってきた環境から染み付いているので、なかなか「もっと家事をして!」とはっきり強く言えないということもあるかもしれません。

でも、令和の時代は、女性も働くのが当たり前。

引用元:www.newsweekjapan.jp

今や専業主婦世帯は減少の一途をたどっていますし、働く女性はますます増えています。

日本は不景気からなかなか抜け出せないですし、年々雇用条件も悪くなる一方ですから、女性も家庭を支えるために働かざるを得ないんですよね。

しかし、家事分担の意識は、まだまだ時代に乗り遅れているのが現状です。

家事負担が多い非正規雇用の女性のとある一日

外で仕事をしながら、ほとんどの家事をするって、本当にきついですよね。
子供がいたら、もっと大変です。

どうしても仕事で家を空けなくてはならないから、家で家事をする時間が限られます。

働く妻(母)の1日の例

フルタイム(非正規雇用)で働くとある女性の1日を見てみましょう。


6:00~8:30
  • 家族分の朝食準備
  • 家族を起こす
  • 洗濯
  • 洗濯物を干す
  • 食器洗い&片付け
  • 身支度
  • 通勤

9:00~17:30
  • 仕事
夕方
17:30~19:00
  • 帰宅
  • 買い物
  • 子供の習い事の送迎や
  • 洗濯物を取り込む
  • 食事の準備
  • 子供の勉強を見る


19:00以降

  • お風呂の準備
  • 子供にご飯を食べさせる
  • 食器洗い&片付け
  • 子供を入浴させる
  • 洗濯物をたたむ&しまう
  • 入浴後のお風呂掃除

 

やっと仕事が終わって帰ってきても、ソファーに座る時間も取れないまま夕飯作りに取り掛かるということも多いですよね。

家族が多ければ多いほど、家事に時間がかかります。
いろいろとやらなくてはならない家事をこなしていくと、あっという間に1日が終わります。

本当に分刻みの状態と言っても過言ではありません。

通勤時間も意外と時間がかかり、少なくとも往復で1時間は必要ですし、それを含めても実に9時間くらいは家を空けることになります。

また、休日はせっかくのお休みなのに、普段できない掃除機やトイレ掃除、ガラスや窓を拭いたり、子供の習い事の送り迎えをしたり。

働く妻に、自由な時間は皆無です。

ちなみに、これはあくまでもスムーズに行った場合にすぎません(笑)

子供が幼稚園や保育園、学校に行きたがらない、
熱を出したなどのトラブルが発生すると本当に大ピンチなんです!

非正規雇用でも仕事は簡単に休めない

ほとんどの場合、トラブルがあった時も夫は通常通りに出勤しますが、妻はそうはいきませんよね。

起きたトラブルをなんとかしなければ出勤できないんです。

でも、勘違いしている男性もきっと多いと思いますが、

パートだってそんな簡単に仕事は休めません
(むしろ、パートや非正規こそ雇用に保証もないから休めない)

代わりを見つけようにも、急には見つかりませんよね。

本当に精神的にも肉体的にもギリギリ。

私も本当に、日々仕事と家事に追われて、毎日疲れ切っていました。

キャパオーバー妻の始まり

家事負担の多い女性が、このように毎日仕事と家事と育児に追われている生活をしていると、どうなるか想像がつきますよね。

はい、キャパオーバー妻余裕がない妻(母)」が出来上がります。
もれなく私もそうでした。

余裕がないお母さん(妻)がいると、いつもイライラしているので家庭内の雰囲気も悪くなります。

夫婦関係も、子供との関係も、自分の余裕の無さでうまく築けなくなってくるのです。
もちろん、笑顔でいたいという気持ちはあるのに、それができない。

うまく要領よく回せない自分に自己嫌悪も。

正直言って、家事分担は理想的だけれど、今の男性の働き方を見ていると、やはり難しいと思います。
明らかに、帰ってくる時間が女性より遅いですし、きっちり半分に分けるというのも無理があります。

不器用な夫がキャパオーバー夫もっと余裕のない夫(父)」になっていくのも時間の問題です。

自分は家事が減って少し楽になるけど、夫がイライラしたそんな環境は望んでいませんでした。

家電製品の充実で、食洗機や掃除機などの自動化が一般化していますが、やはりそれでも対応しきれない家事や育児はたくさんあります。

じゃあ、何をすれば楽になるのか。
私はすごく考えて、ある結論を出しました。

解決への近道は働き方を変える|余裕ある女性になる方法

名もなき家事,30項目,家事負担,多い,女性,働き方

この難しい家事分担問題を解決する方法は1つ。

女性が働き方を変える

ということです。

もちろん、今の仕事へのプライドや辞めたくないという気持ちを持っている人にとっては、目からウロコとなる話かもしれません。でも、ちょっと考えてみてください。

今はインターネットという便利なものが誰でも自由に使える環境です。
つまりネットに繋がるPCが1台とスキルがあれば、どこにいても仕事になるという時代が来ているのです。

通勤しなくては仕事ができないという従来の常識は、もうありません。

新しい働き方に早いうちからシフトチェンジしていけば、自宅にいながら仕事をすることができるんです。

自宅で仕事ができれば、スキマ時間にちょっとした家事をすることもできますし、トラブル時も家にいることができます。慌てる必要がなくなるんですね。

それが実現できれば、もう「キャパオーバー」にはならないはず。

自宅で仕事をする方法はいろいろとありますが、スキルがなければ初心者でも始めやすい「ブログ」からがオススメです。

私も半年間頑張ってブログで収入を得られるようになり、それまでの仕事をセーブすることに成功しました。今後は、完全に在宅ワークに切り替えるのも自由な状況です。

以下の記事にも女性にオススメの仕事を掲載していますので、ご参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
30代で仕事を辞めたい気持ちになる理由は?女性に最適な副業は在宅でMITOMOです! 私は本業のかたわら、自宅でブログ収益化の副業で、現在は本業より多くの収入を得ています。 在宅で出来るのでとて...

家事は生活する上では、必ず誰かがやらなくてはならないもの。

女性も仕事をしながら、ストレスと貯めずに家事もスマートにこなせる環境であることが、一番ベストなのではないでしょうか。