Mind-set

将来が不安で仕方ない?30代40代が今から始めるべき3つの備え

将来が不安で仕方がない

不景気がずっと続いている日本。

雇用の不安定さや低い賃金で漠然とした将来への不安を抱えている方は、とても多いと思います。
私ももちろんその中の一人です。

さらには2020年コロナウィルス感染の影響。。。

これまで順調だった仕事でさえ失ってしまったり、収入が大幅に減ってしまうという本当にどうしようもない事態にも見舞われた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

将来が不安で仕方がない!
どうしたら将来安心できる?

私たちは未来を予測することはできないので、絶対的な答えなどもちろんないです。

でも、少しでも不安を取り除くために、今、私たちができることは何なのでしょうか。

一緒に考えていきましょう。

将来が不安で仕方がないと感じる30代40代は多い

日本労働組合総連合会(連合)が労働者を対象に、2019年に実施した36協定」「日本の社会」に関する調査では、「将来が不安」と感じている人が働く人の7割超にもなることが
分かっています。

引用元:日本労働組合総連合会(連合)「36 協定 」「 日本 の社会 」 に関する調査 2019

その中でも30代・40代・50代の割合が多いのがとても目立ちます。

さらに、どのような不安があるのか、という調査についてはこちら。

1位「老後の生活」
2位「預貯金など資産の状況」
3位「家計のやりくり」

やはり不安に感じていることは想像通りお金に関わることが大半を占めていましたね。

支出が増えると予想されることについて、どのようにお金を捻出していけばよいかということでしょう。

特に30代40代は子育て世代も多く、これから教育費等がかかる年代でもありますし、40代に入ると、徐々に親の介護なども必要になってくる年代。

さらには、その後の自分の老後について不自由なく暮らしていけるか、という不安は尽きることがないですよね。

自分たちの将来、老後が不安で仕方ない

これは、今、どれだけ貯金があっても不安な人は不安でしょうし、

よっぽどポジティブな人でなければ、おそらく誰しもが抱える感情なのではないでしょうか。

30代40代が今から始めるべき3つの備え

では、私たちが将来への不安を和らげるために、どのような備えをしたら良いのか、私なりに考えてみました。

貯金をすることは、もちろん大切な備えの一つだとは思います。

できる限りは金銭的な備えはしておくことに越したことはありません。

しかし、物価の変化や税金面など、今後生きていくだけでかかるお金が増えていくことは間違いありませんし、年齢が高くなればなるほど、いざとなったら職探しにも困るはず。

 

そう考えると、貯金以外の備えという部分でもいろいろと必要になってくるのではと思います。

今後の対策として、3つの備えを考えてみました。

順に説明していきますね!

ライフスタイルの定期的なメンテナンス

一度上げた生活水準は、簡単には下げられない

ということはよく聞きますよね。

きっとあなたもそうではないでしょうか。

なぜ生活水準が簡単に下げることができないのかと言うと、それはあなたの今までの生活の中でのさまざまな「こだわり」があるから。

もちろん、こだわりを持つことは、生活を豊かに潤うためには必要不可欠だと思いますが、時に生活を圧迫することもあります。

そうならないために、
定期的にライフスタイルのメンテナンスを行うことが大切です。

巷に出てくるサービスやモノなどは、人々のニーズに答えようと企業努力のおかげでどんどん便利になってきています。

今まで使っていたようなものも、もっと安価で使いやすくなっているということも。

また、惰性で買っていたものなど、特に使わなくても生活への影響がないものも意外とあるものです。(ブランド品なども)

今までこだわりすぎていたものを見直して、

暮らしの中で無駄な支出を減らすことはできるか

という見直しや、ライフスタイルの縮小など、普段から柔軟さを身に着けておくことは、とても大切なことだと思います。

ライフスタイルをシンプルかつコンパクトにしても満足感が高ければベストですよね!

自分の力で稼ぐもう一つの仕事

将来に不安に感じるのは、やはり仕事に関することではないでしょうか。

終身雇用も年功序列での昇給も今や期待できない世の中ですし、

非正規雇用という働き方も多く、

いつまで働けるのか、という不安もあるでしょう。

また、100年時代といわれている現代で、65歳の定年まで運良く働くことができても、その後の生活が年金や今ある貯蓄だけで成り立つのか

ということもあると思います。

一つの仕事に収入源を依存していると、どうしても不安は拭えません。

それが途絶えたとき、遅かれ早かれ生活が行き詰まることが想像できるからです。

そうならないために、何かしら自力で稼ぐスキルを身につけておくということは不安を少なくする上で大きなポイントだと思います。

まずは世の中のニーズは何なのか、どんな仕事が求められているのか、

クラウドソーシングなどをチェックしてみると良いと思います。

その中でも自分でも興味が持てそうな仕事や、やってみたい仕事のスキルを今からでも学んでみることことから始めてみるのがおすすめです。

MITOMO
MITOMO
ちなみに私は特に際立った能力がなかったので、まずは初心者でも始めやすいライティングに注目してブログを始めました。

たとえ少額でも、雇われないで自分の力でお金を生み出す力を身につけておくということは、いざとなれば「本業とは別に稼ぐ手段がある」という自信も生まれますし、何より不安が少なくなります!

これからは、少しでも長く働き続けるということも必要になってくると思いますし、早いうちからいろいろなスキルを模索してみると良いですね。

ポジティブ思考

物事をポジティブに考えられる思考力は、何をするにも必要なスキルです。

ポジティブ思考に必要なのは、実は客観的に物事を捉える力です。

例えば、仕事。

自分中心の考え方をしていると、それはうまくいかないことが多いですよね。

ビジネス相手や友人関係、相手の立場に立って客観的に物事を考える必要があります。

なので客観的に考えられる人は仕事でも人間関係でもうまくいくことが多いです。

そうすると、自分への自信にも繋がり、結果的にポジティブ思考が継続できます。

反対に「自信がない」というネガティブな気持ちは、主観的に自分へのフィルターをかけてしまっている状態だそうです。

要するに、自分のことだけをすごく考えて思考が狭くなっている状態。

そうなると、新しいこともうまくいかないですよね。

自分のことは、斜め上から俯瞰して見るくらいの気持ちで

できることはもっと頑張る
できないことはもっと努力する

というように、客観的な考え方ができれば、新しいことやちょっとした困難にも負けずに挑戦できると思います。

変化にはどうしてもストレスが伴うもの。

ポジティブに考えられる気持ちがあれば、きっと何とかなるはずです!

まとめ

私も少し前まで、将来についてかなり不安を持っていました。

仕事は非正規雇用で、いつ雇い止めになるか分からないし、今の仕事以外のスキルがないアラフォーの自分には、もう雇ってくれるところなどないと思っていたからです。

でも、本気で何とかしようという気持ちがあれば、自分でいろいろと行動を起こすもの。

さきほどの3つの備えが、私にとっては大きな助けになりました。

将来どうなるか分からないからこそ、
今の自分にできることを増やしておく

それが将来への不安を和らげることに一役買うことは間違いと思いますよ!