Job

適度にノマドワーク!札幌のランドマークが窓から見えるお洒落カフェ

札幌,ノマドワーク,集中,仕事,ボンサルーテカフェ

あなたの仕事はどこで行いますか?
オフィスでしょうか?それとも自宅でしょうか?

私は、セミナーや授業はもちろんセミナー会場だったり教育機関だったり、その場所で仕事をしますが、記事や資料などを作る時は、自宅で行うことがほとんどです。
でも、たまに気分転換がてら、自宅以外でも仕事をしたい!と思う時があります。

ただ、自宅以外の場所で、数時間しっかり集中して仕事をしたい!と思った時に利用しやすい場所って意外と少ないんですよね。

今回は、MITOMOによる厳選セレクトで、落ち着いて仕事ができるお気に入りのマドスペースをご紹介します。

きっと誰でも仕事がはかどる空間だと思うので、外で仕事をしたい!という時にはぜひご参考にされてみてくださいね!

仕事がはかどるノマドスペースの条件とは?

札幌,ノマドワーク,集中,仕事,ボンサルーテカフェ

私は基本的に作業する時は自宅で行います。

ただ、気分を変えたい時だったり、
いつもと違う雰囲気で集中したい時には、積極的に外の空間を利用しています。

カフェであるかどうかは関係なく、飲み物等は持参する場合もあります。

私がノマドスペースで仕事をはかどらせるために重視している点は5つあります。

  1. お洒落でシックなインテリア(MITOMO的視点)
  2. 落ち着いた空間(一人客が多い&客層が落ち着いている)
  3. 外の景色を見ながら作業できる(行き交う人や景色)
  4. ガラガラすぎず適度に人がいる(長時間利用しやすい)
  5. ちょっとした穴場的なところ(知り合いに会わない)

ちなみに、電源&無料Wifi完備ということはあまり重視していません。

なぜなら、ノートPCのバッテリーは3~4時間くらいもてば適度に仕事するには十分ですし、モバイルルーターがあれば特にネット接続に困ることがないからです。

(とはいえ、カフェで選ぶところは割と電源&無料Wifiが完備されているところが多いですが)

今のところ、この条件に満たしているカフェやスペースは少ないですが、開拓していくのも楽しいので、どんどんお気に入りの場所が増えていけばいいなと思っています。

札幌のランドマークを眺められるボンサルーテ・カフェ

のんびりしたアットホームなカントリー調なのも素敵なのですが、私は都会的な雰囲気が大好きなので、カフェも必然的に洗練された大人っぽい場所を好みます。

個人的に一番利用するカフェは、札幌駅前にあるホテルグレイスリー札幌1Fにあるボンサルーテ・カフェです。

普通のカフェですが、比較的落ち着いた雰囲気です。
ただ、作業するのを目的としたコワーキングスペースよりは、人によっては集中しにくいかもしれません。

私は適度に話し声や人の動きを感じられる方が集中できるタイプです(笑)

ボンサルーテ・カフェの場所

ボンサルーテ・カフェ(BONSALUTE CAFE)は、大丸札幌の向かいにあるグレイスリーサッポロというホテルの1Fにあります。

地下街アピアからの連絡通路してアスティ45へ行ったことがある人は多いと思いますが、そちら方面です。

つきあたりにある「読売北海道ビル」の入口から入り、エレベーターで1階まで上がるとすぐです。

雨の日でも冬の日でも地下から外に出ずに直接行けるので、とても便利な場所です。

Access

ボンサルーテ・カフェ

札幌市中央区北4条西4丁目
ホテルグレイスリーサッポロ1F

011-251-3211

営業時間 11:30~21:00(L.O.20:30)
日曜営業

定休日 無休(12月31日・1月1日のみ休み)

 

心地よいBGM&落ち着いた雰囲気のゆったり空間

ボンサルーテカフェは、駅前の一等地にしてはとても余裕のあるスペースが確保されたところです。

ランチもやっているので、平日のお昼時はまあまあサラリーマンの方などでまあまあ混みますが、その時間を外せば割と空いています。

私がこのカフェを特に気に入っている理由は3つあります。

1.窓際席から札幌のランドマークを眺められる!

窓側の席に座ると、札幌のランドマークであるJR札幌駅や大丸デパートへ向かう人が眺められます。

どんな雰囲気が良くておしゃれなカフェでも、なかなかこの景色は実現できないでしょう。立地が抜群ですから。

のんびりとした雰囲気のカフェの中から、忙しく行き交う人々や車を見ながら仕事ができるところは、やはりなんとも言えない魅力です。

そもそも基本的に、壁に向かって作業するのが好きではないので、ボックス席でも奥に座り、広々空間を感じながら作業できるのもGOODです。

また、窓側席にありがちな座り心地の悪さがまったくなく、テーブルとの高さも幅もちょうど良いということもお伝えしておこうと思います!

2.BGMが心地よい

基本的に洋楽がかかっていることが多いですが、セレクトが好みということも大きいです。
ちなみに、この日は特にエド・シーランの歌声がすごく心地いい!と思って聞いていました(笑)

選曲はおそらく有線なのでしょうけれど、カフェの雰囲気とも非常にマッチしていると思います。

それと、音量も作業するには気にならないくらいのちょうどよい大きさ。
そして、この広いスペースだからこその音の響きも良い感じです。

3.コーヒーが美味しい

ボンサルーテ・カフェのそもそも売りはコーヒーの美味しさ。

幻のコーヒーとも言われている「トアルコトラジャ」という品種のコーヒー豆を使用しています。

トラジャコーヒーとはインドネシアのスラウェシ島にあるトラジャ地方のみで産出されるコーヒー豆のことです。栽培にきめ細かな配慮が必要なアラビカ種のため希少価値の高いコーヒー豆として知られています。

引用元:macaro-ni.jp

ちょっと濃い目のコーヒーですが、香りがとても良く満足感が高いです。

ボンサルーテカフェのメニューやネット環境は?

気になるのがボンサルーテカフェの基本スペックだと思います。
メニューやWifi環境ですね。

ボンサルーテ・カフェのメニュー

まずは大事なメニューの内容ですね。

一般的なカフェよりは、お値段は高めに設定されています。
立地を考えると当然なのでしょうが、割といつも空いている理由はそれもあるのかなと個人的には思います。

私はランチタイムで食事をしてその後作業することもありますが、飲み物だけ注文して利用することが多いです。
ランチタイムのドリンクメニューは以下の通りです。

ホットコーヒーとアイスコーヒーだけは、ラージにしなくても小菓子(ミニドルチェ)が付きます。

先日はホットコーヒー(560円)のラージサイズ(+50円)で気がついたら3時間ほど仕事をしていました。

1時間いくらでスペースを借りて作業するわけではないので、飲み物が多少高くてもそんなに気にはなりませんし、私と同じように2,3時間は普通に利用している人が多いのも安心できます。

ランチメニューには、どさんこバーガーというイチオシメニューがあり(私はまだいただいたことがないですが)、その他パスタなど、月替わりのメニューも充実しています。

ボンサルーテ・カフェのWifi環境と接続方法

ボンサルーテ・カフェはFreeWifiが利用できます。

飲み物や食べ物を注文した際のレシートにFreeWifiに接続するためのパスワードが載っていますので、PCにそれを入力すればすぐネット接続が完了です。

また、私はあまり利用しない電源ですが、これは窓際の席(15席分)にあります。


壁側のボックス席もテーブルが広くておすすめですが、電源がないのでバッテリーがたっぷりある時にオススメします。

まとめ

札幌にもノマドワークができる場所が増えてきていますし、いろいろと紹介されてきているのですが、自分の好みにマッチした場所かどうかは、やはり数回利用しないと分かりづらいです。

どうしても、限られた時間に行くとなると、よく知っているお気に入りの場所になってしまって、新しい場所を開拓できないんですよね。

これから、もっと時間ができるようになるので、積極的に新しい場所を発見できるように動いてみたいと思います!

時間がかかるかもしれませんが、またご紹介していければと思っていますので、楽しみにしていてくださいね!