Job

高校や大学の非常勤講師に最適な副業は?自宅で別の収入源を得る方法

高校,大学,非常勤講師,最適,副業,不安定

現在、私はブログ収益化のコンサルタントの他に、教育機関で非常勤講師をしています。
職場は高等学校です。講師歴は、通算で10年ほどです。

非常勤講師とは、大学、専門学校から小学校まで、教育機関において科目ごとに時限契約ではたらく講師のこと。1年契約であることが多い。

私の友人には、大学で非常勤講師をしている人も何人かいます。
最近の教育機関では、人件費を下げるために非常勤講師を多く採用しているところも増えているようです。(公立・私立どちらも)

非常勤講師は、非正規雇用ですので、収入がかなり不安定です。

今回は、そんな非常勤講師の仕事に最適な副業は何か、いろいろと考えてみました。

現職が非常勤講師の方、これから非常勤講師になろうとしている方、また様々な働き方を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

非常勤講師ってどんな人が就く仕事?

非常勤講師であっても小学校・中学校・高校であれば教員免許は必須ですし、大学や専門学校であれば博士号や教える科目の専門的な資格が必要なことが多いです。

その上で、非常勤講師の職についている人はさまざまな事情があります。

例えば、

  1. 定年退職して再雇用として働いている方
  2. 結婚や出産を機に正規教諭を退職して非常勤になった方
  3. 新卒で正規採用が出るのを経験を積みながら待つ若い方
  4. なかなか正規採用されずに30代40代になってしまった方

ちなみに、私はどれにも当てはまっていません(笑)

私の場合は、新卒で正規雇用の教諭として勤務したものの、激務すぎて3年で自分から辞め、他業種(旅行会社)へ転職。

その職場でワーキングプアに陥りそうになったため、1年後に自分の意志で教育業界へ戻り、非常勤講師になったというちょっと珍しいパターンです。

しいて言うなら、子供がいても時間的に働きやすいということで②に分類されるかもしれません。

非常勤講師になる人は、様々な事情の方が混在しているのです。

非常勤講師の悩みを大公開!

Illustation of stress emotion

非常勤講師の収入は、受け持つ授業数(コマ数)にもよりますが、一般事務の仕事よりも良いといえると思います。

また、学生が長期休みのときには授業がないため、仕事もお休み。長期で休みが取れるという面では、メリットが大きいです。

しかも、月給制であれば長期休暇でも給与が発生する場合もあります。(大抵の場合は働いた時間数だけ給与が支払われます。)

ですが、非常勤講師はさまざまなリスク伴います。
悩みは以下のポイントです。

  • 1年更新(雇用の保証がない)
  • 5年ルール(有期雇用で4回更新が限度)
  • 収入が安定しない(新年度の授業数は前月末でないと確定しない)
  • 有給休暇があっても休みが取りづらい(代わりがいないので)
  • 正規雇用の保証がない

正直言って、次の年の収入が予想できないのは、生活設計をする上でかなり困ります。直前になって蓋を開けてみたら、全然授業数を持たせてもらえない!ということもあるからです。

掛け持ちをするにしても、求人の関係でなかなかタイミングが難しいというのが実情です。

非常勤講師は、あくまでも臨時的な雇用のため、昇給や退職金などもありません。

正規の先生になれる保証は?夢を追い求めた結果

高校,大学,非常勤講師,最適,副業,不安定

しかし、講師という仕事は、不安定でも割り切れない魅力があるからこそ、様々なリスクがあってもこの職業を選ぶ人が多いのかもしれません。

「教える」という仕事が好きで、生徒とのコミュニケーションを取ることも楽しく感じている人にとっては、非常勤講師であっても手放し難い仕事なのです。

とはいえ、やはり正規の雇用数は決まっていますので、なりたいときになれるわけではありません。私学であれば、正規職員の誰かが辞めたりするタイミングでないと求人自体がないのです。

正規採用できちんと先生をしたいという夢を持ち続け、非常勤講師で何年も頑張ったけれど、採用される見込みがないので年齢を考えて諦めた人も大勢知っています。

その後は正規雇用を求めて、ガソリンスタンドだったり、営業の仕事だったり、経験のないきつい環境の異業種へ移るパターンも多いです。

非常勤講師に最適な副業は何?自宅で別の収入源を得る方法

高校,大学,非常勤講師,最適,副業,不安定

非常勤講師だけをしていては、やはり収入が不安定。
また、長く続けられる保証もありません。

でも、もし他に収入源があれば、心置きなく好きな仕事を続けられますよね。

講師の仕事の傍ら、帰宅後にスキマ時間でできる仕事。

それが可能な仕事は、そんなに多くはありません。

でも、ブログ収益化という働き方なら、自宅での作業を続ければ、もうひとつの収入源をつくることができるんです。

必要なのは、インターネット環境とPC1台だけ。
特別なスキルや経験などはいらず、また初期費用もほとんどかかりません。

私がこのブログ収益化を始めたのは、先程のような悩みを抱えていたからです。
でも、初めて半年後にはブログで月収10万円を達成し、その後、現在は月収20万円以上を安定的に稼いでいます。

別の収入源があると、不安がかなり軽減されます。
そして、もし雇用が突然なくなっても「自分で収益を生み出す」というスキルを手に入れたので、雇用がないことに怯えることがなくなりました。

講師という仕事は、「教える」ことに集中できるので、きっとクォリティの高い教育というのを実現できる素晴らしい仕事です。

好きな仕事を不安なく続けるために、ブログ収益化が非常勤講師にとっては最適な副業なのではないでしょうか。

将来の不安を無くすためにも、始めない理由はありませんよ。

あわせて読みたい
手に職をつける,職業,スキル,稼ぐ
稼ぐために手に職をつける!スキルを高収入に変えられる職業は?多くの人が「手に職をつける」ことを目標に、日々いろいろなスキルを模索しているかと思います。 私も少し前までは、様々な「資格取得」などを...